女の子しかいないのにぶらざーず?新しいタイトル考え中です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

つくねのおはなし2

またまた少しご無沙汰しちゃいました

ご心配いただきありがとうございます
私もてんこも(夫も)元気です


本日はつくねさんがタワーの穴に籠った
27日の夕方からの様子です

28、29、30日にアップした記事と一部ダブっちゃいますが
お許しください




27日の午後にタワーの穴に入ったあと
全然外に出てこなくなっちゃったけど
0001.jpg


タワーの中で
0002.jpg


何度も体の位置を変えていました
0003.jpg



全然外に出てこなくなったつくねさんが心配で
穴に籠っている間、
何度も様子を見に行ったり
タワーの前で寝転んでそばにいたりしてました


タワーの前で寝転んでたら
やって来て、タワーの上で寛ぐてんこ

私目線の後ろ足
0004.jpg


私目線の前足
0005.jpg


全景
0006.jpg

目の前のつくねさんは切ないけれど
目をあげるとてんこさんの面白い姿

おかげで少し和むことができました


てんこ、時には2本脚立ちでお外観察
0007.jpg


てんこさんは、つくねの状態に気付いていないのか
いつも通り

それでも、つくねに手を出すことは減っていたから
なにか感じではいたのかな?






28日、通院予定だったけど
つくねが閉じこもって出てこないので
どうしたものかと獣医さんに相談


つくねさんの状況を伝える
唇の色を訊かれ、白いと答えると
多分、貧血が酷くて、酸素が体に行きわたらず酸欠状態なんでしょう


だから、輸液しても逆に苦しめてしまうのでお勧めはできない
と言われました

だけど、輸液しないと尿毒症になってしまう可能性あり

以前動画で、尿毒症の猫さんを見て
とっても苦しそうだったから
尿毒症だけは避けたいと思ったけど
獣医さんは、尿毒症の方が酸欠より辛いとは一概に言えない
通院のストレスを考えれば
自宅で家族とゆっくり過ごすのが1番

また、薬のこと、食事のことを訊いたら
今の状態なら、薬を飲ませた方が逆に苦しめる
食事も、無理に食べさせた方が苦しめることになるから
どちらもやめた方がいい

とのお返事
これからはゆっくりと自宅でつくねを見守ることに決めたのでした



28日、一日中つくねが出てくる姿を見ることなかったので
もう、動けないのかな?って思い
箱に移動

だけど自力で箱を脱出し、タワーの穴に
(詳しくはコチラ

箱に入れる時
つくねさんの後ろ足から入れたけど
後足が床に着いても踏ん張ることもできず
力なく、くずおれるようにそのまま横たわってしまったのが忘れられません



29日朝4:30
てんこがタワーの穴の中のつくねにパンチを入れている音で目が覚める
てんこを止めてキッチンへ


キッチンの猫ご飯の前に液体状の嘔吐あり
つくねがよく飲んでいた水の器の水が減っている

つくねさんが夜中に起きてきたのかな?

この時は、つくねさんはもう動けないって思っていたから
きっとてんこさん、と思っていたけど
その後つくねさんがキッチンに出てきたことを思うと
やっぱ、つくねさんのゲロだったのかな??







29日も、穴にこもりっきり
0008.jpg


一応少しは動いてる
0009.jpg


つくねさんに食欲が出た時、あまり移動しないで
飲み食いできるようにそばにご飯と水を置いておく
0010.jpg

結局、このご飯を食べ、水を飲んだのは
てんこさんなんですけどね・・・



29日夜のつくねさん
0011.jpg

この頃には、鼻息がスピースピーって聞こえて
鼻が詰まった様子
お口の右側にかさぶたあり

猫風邪(慢性化していたもの)+歯槽膿漏+貧血(+酸欠)+尿毒
の4つの苦しみと戦っているんだって思うと
どれか1つでも楽にしてあげたいけど
投薬もやめた方がいいと言われていたので
何もできずに見守るだけ

何もできなくて、ごめんねつくね


てんこさんはつくねが気になるのか
タワーの隣のベッドで寝たり
0012.jpg


タワーの上に登ったり
0013.jpg


つくねにつかず離れずで過ごしてました



26日に血液検査をして輸血を勧められた時に断ったものの
つくねが穴に籠ったしまった後
何度も「やはり輸血を!」と思い
衝動的につくねとてんこを連れて獣医さんに行こうと思いました


だけど輸血について説明を受けた時
必ずしも輸血ができるとは限らない(血が適合しないかもしれない)+
たとえ適合しても、猫さんはすぐに抗体ができてしまうので1.2回しか輸血できない
と言われていたので、本当にその場しのぎの処置としか思えませんでした

つくねさんのことだけ考えたらそれでも輸血したかったし
輸液パックのように輸血パックがあるなら、迷わず輸血を選んだけど

てんこさんの血が合わなかったら?
1回ですぐに抗体ができてしまったら?

1回輸血の道を選んでしまったら
つくねさんの延命のため、外猫さんを拉致しちゃうとか
モラルに反したことをやってしまいそうな自分がいて
それなら最初から輸血は諦めようと自制しました



それに、つくねさん
かなり前からすごくつらい思いをしているはず

今年に入って、ほぼ1日おきに戻しているし
この家に引っ越してから、うずくまる時間が圧倒的に増えた

つくねさんの命を延ばすということは
苦しむ時間も延ばすということ

プラス、20日に血液検査した時
数値を見た獣医さんが
「腎臓壊れちゃったかも」
と言っていたの思いとどまれた理由のひとつ


そんな状態のつくねに輸血するために
他の猫さんをにつらい思いをさせられない
そんないろいろとネガティブなことを考えて
何とか輸血したい衝動を抑えていたのでした



つづく



そのポチッでHP回復
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

ついでにMPも回復
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ つくね ] CM3. TB0 . TOP ▲
COMMENT
*TITLE: No Subject

最後をみとるって辛い事ですね。
つくねちゃんも辛かったでしょう・・
そしてまゆさんの迷いもとてもよくわかります。
まゆさんの判断で良かったんだと思うよ。。
つくねちゃん、頑張ったね。
2015/07/07 19:50  | URL | ミミィ #- [edit]
*TITLE: No Subject

身体が辛い時、猫って本当にじーっとして耐えるんだよね。
補液のことも、輸血のことも、わかるよ~。
猫の輸血ってこんなにも大変なのかって思った。
私も輸血の選択はしなかったよ。
つくねちゃんの症状、なにをどう選択したらいいのか悩ましいですね。
これは一つ一つの決断が本当に大変だったと思います。
そんな選択をしようと、それが飼い主としてできるベストな答えだとしたら
それでいいのだと思います。
正解なんてないと思うから。
2015/07/08 10:26  | URL | ミルク #- [edit]
*TITLE: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/10 00:49  | | # [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://takuwan1414.blog91.fc2.com/tb.php/2032-489145f0
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。